くらし情報『宮崎駿さんの絵やメモから三鷹の森美術館を紐解く「手描き、ひらめき、おもいつき」展』

2019年11月21日 12:00

宮崎駿さんの絵やメモから三鷹の森美術館を紐解く「手描き、ひらめき、おもいつき」展

東京・三鷹の森ジブリ美術館にて新しい企画展「手描き、ひらめき、おもいつき」展が2019年11月16日(土)から2021年5月まで開催されます。今まで三鷹の森ジブリ美術館で開催された企画展示や建物の構造などを、宮崎駿さんが描いた絵やメモをたどりながら紹介されます。

ここでしか見ることのできない秘話や貴重な資料、宮崎駿さんが普段どのような考え方で自分自身の構想を伝えるのかなど、魅力たっぷりの展示をご紹介します。

三鷹の森ジブリ美術館「手描き、ひらめき、おもいつき」展

宮崎駿さんの絵やメモから三鷹の森美術館を紐解く「手描き、ひらめき、おもいつき」展

今回展示される「手描き、ひらめき、おもいつき」展は、今までの三鷹の森ジブリ美術館で行われた企画展示や建物、展示物を仕上げる作業内容などを宮崎駿さんの手描きの絵やメモをたどりながら紐解いていく企画展示です。

様々な制作秘話や、三鷹の森ジブリ美術館の巨大な立体模型など、魅力的な展示がたっぷりです。ジブリファンはもちろん、ジブリに馴染みのない方でも宮崎駿さんの独創的な考え方に刺激されるはずです。

第一室-企画展の構想やスケッチ

宮崎駿さんの絵やメモから三鷹の森美術館を紐解く「手描き、ひらめき、おもいつき」展

第一室には、第一回目の企画展示「千と千尋の神隠し」をはじめとした、宮崎駿さんが携わった企画展示を様々な資料や企画書をもとに解説されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.