くらし情報『和カフェ「大三万年堂HANARE」から苺を使った新スイーツが登場』

2019年12月14日 12:00

和カフェ「大三万年堂HANARE」から苺を使った新スイーツが登場

老舗和菓子屋・大三萬年堂が手掛ける和カフェ「大三萬年堂HANARE」から、“苺の王様”あまおうを使った苺スイーツが登場。2019年12月13日(金)より順次発売されます。

老舗和菓子屋が手掛ける和カフェ「大三萬年堂HANARE」

和カフェ「大三万年堂HANARE」から苺を使った新スイーツが登場

「大三萬年堂HANARE」は、兵庫県に本店を構える老舗和菓子屋・大三萬年堂の新ブランドとして誕生。“和洋折衷”と“温故知新”をキーワードに、ユニークな和スイーツを展開しているお店です。もちもち食感の米粉パンに、あんこやチョコレート、たまご焼きなど様々なフレーバーを挟んだ「どらぱん」を看板メニューに掲げています。

クリスマス&お正月イメージの苺スイーツ

「安原流“あまおう”ぱふぇ」1,300円(税抜)
和カフェ「大三万年堂HANARE」から苺を使った新スイーツが登場

12月に発売される「安原流“あまおう”ぱふぇ」は、クリスマスの定番・ショートケーキをイメージしたあまおう尽くしの和パフェ。主役となるのは、丸ごと1粒使用した大粒のあまおうです。たっぷりのあまおう豆乳クリームに、秘伝のあんこ、あまおうアイスを重ね、さらに一番下の層にはコーヒーゼリーを詰め込んだ贅沢なパフェ。甘さ控えめであっさりとした味わいに仕上げています。

「“あまおう”の厚切りトースト」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.