くらし情報『美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!』

2020年7月29日 08:00

美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!

美術館「ヨックモックミュージアム」が2020年10月25日(日)、東京・南青山にオープンします。

ヨックモック・コレクションが楽しめる都市型美術館

美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!

ヨックモック青山本店にほど近い南青山6丁目に誕生する「ヨックモックミュージアム」は、菓子ブランドのヨックモックがコレクションするアート作品などを展示したコンパクトな都市型美術館。館長を務める藤縄利康が精選し、ヨックモックグループが30年以上かけて500点以上収集してきたピカソのコレクションを、様々な企画展を通して紹介。

世界有数のピカソのセラミックコレクション
美術館「ヨックモックミュージアム」東京・南青山にオープン!

同館が所蔵するヨックモック・コレクションは、ピカソのセラミック(陶器)作品を数多く包括的に収集した世界有数のコレクションの一つ。お椀や水差し、食器、大皿など、ピカソが晩年に熟練の職人たちと協働して創り出した、数多くのセラミック作品が含まれています。

■ピカソとセラミック
とりわけ画家としての側面が広く知られるピカソだが、平面の絵画のみならず立体的な彫刻の分野にも関心を寄せており、1937年の大作《ゲルニカ》で世界的な芸術家としての地位を確立した後、セラミック制作に初めて本格的に着手。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.