くらし情報『帝国ホテル 東京でアガサ・クリスティーの作品に着想したアフタヌーンティーを期間限定で開催!』

2020年9月16日 08:00

帝国ホテル 東京でアガサ・クリスティーの作品に着想したアフタヌーンティーを期間限定で開催!

帝国ホテル 東京は、「インペリアルラウンジ アクア」にて英国のミステリー作家、アガサ・クリスティーにフォーカスした「アガサ・クリスティーの世界を味わう 英国アフタヌーンティー」を10月31日(土)まで期間限定で提供されます。

“ミステリーの女王”アガサ・クリスティーの作品から着想したアフタヌーンティー

帝国ホテル 東京でアガサ・クリスティーの作品に着想したアフタヌーンティーを期間限定で開催!

アガサ・クリスティーは、『そして誰もいなくなった』『オリエント急行の殺人』『アクロイド殺し』など数々の名作を手掛けてきた小説家。発表された推理小説のほとんどが世界的ベストセラーとなっており、“ミステリーの女王”としての異名ももっています。

そんな彼女と帝国ホテルは、同じ“1890年生まれ”であり、2020年で生誕130周年。さらに、クリスティーは、今年、小説家デビュー100周年を迎えます。この記念すべき年にあわせて、帝国ホテルでは、「インペリアルラウンジ アクア」にて特別なアフタヌーンティーが用意されます。

作品に登場したメニューを帝国ホテル 東京流にアレンジ
クリスティーは“ミステリーの女王”としてだけでなく、“美食の女王”とも言われ、彼女がのこした作品の数々には魅力的な料理、食事、お茶を楽しむシーンが多数登場します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.