くらし情報『塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館で開催!』

2021年2月13日 17:00

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館で開催!

青森の十和田市現代美術館では、開館以来初となる常設作品の入れ替えを実施。2021年4月1日(木)には塩田千春の新作が、そして12月にはレアンドロ・エルリッヒの作品が公開される予定です。

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒの作品を常設展示

塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館で開催!

十和田市のまちを美術館にするプロジェクト「アーツ・トワダ(Arts Towada)」の10周年を機に、十和田市現代美術館は、常設作品の入れ替え、展示室の増築、寄託作品の展示を実施します。

塩田千春、“十和田湖”に着想を得た新作を公開
常設作品では、糸を紡いだ大規模なインスタレーションを中心に手がける塩田千春の新作を公開。これまで国内外で発表されてきた船と糸を使用したシリーズであり、国内の公立美術館では初の常設作品となります。“十和田湖”に着想を得たこの作品には、十和田湖で実際に使用されていた船も使用されるなど、この地にゆかりの深いものとなっています。

レアンドロ・エルリッヒ《建物─ブエノスアイレス》世界初の常設展示に
塩田千春やレアンドロ・エルリッヒによる作品の常設展示、十和田市現代美術館で開催!

また、新しい展示室では、体験型の大規模なインスタレーションで知られるレアンドロ・エルリッヒの作品《建物─ブエノスアイレス》を、 世界初の常設作品として展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.