くらし情報『【美文字の基本の書き方3】名字を美しく書くコツ〜高橋さん編〜』

2019年4月2日 11:22

【美文字の基本の書き方3】名字を美しく書くコツ〜高橋さん編〜

最初のコツを掴んで「高橋」に挑戦!

【美文字の基本の書き方3】名字を美しく書くコツ〜高橋さん編〜

全国名字ランキング第3位の「高橋」さん。この2文字の中に、4つも登場するのが「口」という漢字です。普段からよく使用する漢字のひとつで、皆さんも馴染みがあるかと思います。

美文字ポイントは「口」の四角を逆台形にすること。ここを正方形にしてしまうと、バランスが悪くなってしまいます。また、横に広がった四角も文字が太って見えるので要注意です。

ポイントとなる形は逆台形

【美文字の基本の書き方3】名字を美しく書くコツ〜高橋さん編〜

「高橋」の漢字に2カ所登場する、“冂がまえ(けいがまえ)”も、「口」と同様に逆台形にすることがポイントです。1画目の縦線は短く書き、2画目は1画目の縦線よりも長くするとよいでしょう。ここで力強く長く書くことを意識すると、書きやすいうえバランスも良く見えます。

はねは45度の角度にすると、より美しく見えるでしょう。このポイントを押さえると、よく使用する「雨」や「円」などの漢字にも応用できます。

左右対称を意識する

【美文字の基本の書き方3】名字を美しく書くコツ〜高橋さん編〜

「高」の漢字の、横線の長さは均等になるようにします。棒に串刺しにしているようなイメージです。そしてすべての部位を真ん中に配置して、左右対称の形になるようにすると美しくなります。部位の幅はそれぞれ同じ幅になるように書きましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.