くらし情報『シンプルイズベスト! 大人の浴衣に映える「お太鼓」結び』

シンプルイズベスト! 大人の浴衣に映える「お太鼓」結び

2018年4月11日 14:02
 

シーンを選ばず使える「お太鼓」結び


浴衣でよく見かけるのは「蝶結び」や「文庫結び」ではないでしょうか。どちらもリボンの形でとてもかわいい結び方です。しかしリボンが傾いたり、左右の大きさが違ったり初心者には若干難しく感じるかもしれません。
この記事で紹介する「お太鼓」は帯の基本的な結び方なので一度習得するとカジュアルからフォーマルな場面まで役立ちます。帯締めを使用する「お太鼓」は、浴衣を自分で着るのが初めての人でも、ふっくらと綺麗に仕上げることができるのでおすすめです!
(今回は飾り紐を帯締めとして使用しています)

帯をギュッとひと結びすることが大事


まずは、帯を留めるクリップ、または洗濯ばさみを用意し、帯の中心を伊達締めに固定します。次に、右手側の端を持ち、後ろから前へ回しましょう。左手側も同じ手順で進めます。
次に帯を固定していたクリップは外します。今度は、右側の端を斜め40度ぐらいの角度で内側に折り上げます。その後、左側を上にしてひと結びしましょう。
結ぶ時は、苦しくない程度にギュッときつく結ぶと、きれいな仕上がりになります。

帯揚げと帯締めで綺麗に仕上がる


帯をひと結びした後は、根元を綺麗に広げ2枚の端を揃え右手でしっかりと持ちます。
次に、結び目の下から帯の端を通して引き出しましょう。この時、左手で帯半分の位置を下から支え固定すると簡単に通すことができますよ。
そして帯揚げでしっかり仮結びします。お太鼓の出来上がり幅を決め、内側に折り込みお太鼓を作りましょう。折り込んだ帯に、帯締めを入れお太鼓をしっかり固定します。
最後に、帯揚げをしっかり結び整えたら完成です。

この記事では、初心者でも挑戦しやすい「お太鼓」の結び方を紹介しました。「お太鼓」は、着物のイメージが強いため、浴衣で見かけることは少ない傾向にあります。しかし、人と差をつけるならあえて基本の「お太鼓」を選んでみてはいかがでしょうか。カジュアルやフォーマルなどシーンを選ばず使える「お太鼓」結び。ぜひ、初心者の方も挑戦してみてください。
監修:株式会社ハクビ

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.