くらし情報『文字美人になろう! 感謝のフレーズ「お心遣いに感謝いたします」』

2018年5月16日 09:59

文字美人になろう! 感謝のフレーズ「お心遣いに感謝いたします」

美しい文字で手紙を書こう

文字美人になろう! 感謝のフレーズ「お心遣いに感謝いたします」

近年は、スマートフォンやパソコンの普及で文字を書く機会も減ってきました。お礼状や挨拶文なども、パソコンで作成するという方も多いでしょう。
そんな中、手書きの手紙をもらうと書いた人の温かみを感じて、嬉しい気持ちになる、という方も多いのではないでしょうか。その文字が美しければ、より一層相手の方にいい印象を与えることができます。この機会に、丁寧な文字を書くコツを身に付け、心のこもった手紙を書いてみましょう。

「心」ははねる前に少し上げること

文字美人になろう! 感謝のフレーズ「お心遣いに感謝いたします」

お礼状などでよく使用するフレーズ「お心遣いに感謝いたします」を綺麗に書くコツをご紹介していきます。
まずは「お」をゆっくり丁寧に書くことを心がけてください。縦の部分は、まっすぐ下ろします。丸の部分は三角になるように意識して書いてください。
そのあとは、丸みを帯びるようにバランスよく書き、点を加えて全体のフォルムが正方形になるようなイメージです。「心」は、2画目をはねる前に少し上げるのがポイント。ハネの部分を挟むように3、4画目を書いてください。これで「お心」まで完成です。

「遣」の口の部分は少しはみだしながら

文字美人になろう! 感謝のフレーズ「お心遣いに感謝いたします」

「遣」の字は、まず横長の四角を書きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.