くらし情報『表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」 おすすめの1冊は、26の短編集』

2016年9月21日 15:18

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」 おすすめの1冊は、26の短編集

カバンの中に忍ばせてサッとよみたい一冊

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」 おすすめの1冊は、26の短編集

“次は何の本を読もう?”と思っているなら、シュールな世界観に引き込まれる「このあたりの人たち」(川上弘美さん/スイッチパブリッシング)を。8年という長い時間をかけて創りあげられた、“このあたり”と呼ばれるある架空の「町」を巡る26の短編集です。ひとつひとつの話が短くサクッと読めるので、通勤時間や、スキマ時間におすすめ。

時空の隙に迷い込んだような独特な店内

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」 おすすめの1冊は、26の短編集

店内には、奇妙なオブジェや絵本と一緒にMONKEYで使った松本大洋さんの原画やイラストレーター下田昌克さんの絵が飾られており、何とも独特な空間。

レンガの壁と統一感のある色味の家具、開かれたキッチンからもれる音と温かいコーヒー。時間は刻々と流れているはずなのに、ここでは、朝なのか昼なのか分からなくなる瞬間があります。時空をまたいで、街のスキマに入り込んだような落ち着く空間です。

ワクワクしながら“紙”をめくる贅沢を

表参道の「Rainy Day Bookstore & Café」 おすすめの1冊は、26の短編集

電子版書籍が一般化してきた昨今。紙のページをめくりながら、美味しいコーヒーを口に運び、お腹が空いたら、もちもちのパンケーキを注文する。そんな時間は、ちょっぴり特別なことになりつつあるかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.