くらし情報『スリムな水筒にもぴったり入る!「細長い氷」を作る裏ワザ』

スリムな水筒にもぴったり入る!「細長い氷」を作る裏ワザ

2018年9月18日 17:54
 


水筒の中になかなか氷が入らなくて苦戦した経験はありませんか?スリムでおしゃれな水筒にもぴったり入る、細長い氷の作り方をご紹介。自宅にあるキッチングッズで簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてください。

身近な道具で簡単につくれる水筒用のスリムな氷

スリムな水筒にもぴったり入る!「細長い氷」を作る裏ワザ

お弁当と一緒に持っていきたい水筒。夏場には氷を入れて持ち歩きたいものですが、一般的なキューブ状の氷をゴロゴロ入れると、飲むために傾けたときにたくさんの氷が飲み口のほうに一斉に落ちてきて邪魔だったり、口元が濡れたりします。

しかし、水筒のフォルムに合わせて細く長い形状の大きな氷が一本だけ入っていたら、飲みやすいのではないでしょうか。そんなスリムな氷を、実は自宅で簡単につくることができます。

道具も簡単に手に入れられるのばかりで、ちょっとした工夫で簡単につくれます。おしゃれな水筒にぴったりな、見た目もスッキリするスマートな氷をつくってみましょう。

TIPS1.袋の中に水を注ぐ

スリムな水筒にもぴったり入る!「細長い氷」を作る裏ワザ

氷をつくるのに必要なものは、ジッパー付きの袋・割り箸・輪ゴムの3つだけです。家にあるような道具でつくれるのもうれしいポイント。

まずは袋の中に水を注ぎ入れて、ジッパーを閉じます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.