くらし情報『基本から応用まで。お料理上手に学ぶ「アボカド」の切り方』

2018年4月19日 14:49

基本から応用まで。お料理上手に学ぶ「アボカド」の切り方

熱帯の太陽の恵みで育つアボカド

基本から応用まで。お料理上手に学ぶ「アボカド」の切り方

アボカドはメキシコや中南米を原産とする熱帯地方の果実で、日本では2000年前後より一般的に食べられるようになりました。「森のバター」と呼ばれるほど栄養価が高く、不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、高血圧の予防やがんの予防にも効果が期待されるそう。

独特のまったりとした食感や醤油にも合うことなどから日本でも様々な料理に使われ、人気の高い食材になりました。アボカドのむき方・切り方をマスターして、インスタ映えする料理を作ってみませんか?

基本の角切りをマスターしよう

基本から応用まで。お料理上手に学ぶ「アボカド」の切り方

まずアボカドを半分に切りましょう。縦半分になるように包丁を入れ、中心にある硬くて大きい種に沿ってぐるりと切り込みを入れます。

切り込みを挟むように両手で持ち、前後にひねればアボカドを半分に切ることができます。種は包丁の持ち手側の角を刺し、グリグリと回しましょう。

角切りはパスタやサラダなど様々な料理に使われる基本的な切り方です。縦半分に切ったアボカドに、包丁の先を使って格子状に切れ目を入れましょう。さらに半分に切り皮を裏返すようにすれば、つぶれることなくキレイな角切りにすることができます。

輪切りのポイントは皮付きのままで切ること

基本から応用まで。お料理上手に学ぶ「アボカド」の切り方

お刺身やパンにはさむ時におすすめの切り方は輪切りです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.