くらし情報『「星野リゾート リゾナーレ熱海」の森で楽しむ、コーヒーの焙煎体験』

2016年10月28日 08:00

「星野リゾート リゾナーレ熱海」の森で楽しむ、コーヒーの焙煎体験

豆選びのコツなども教えてもらい、生豆を煎る

「星野リゾート リゾナーレ熱海」の森で楽しむ、コーヒーの焙煎体験

おいしいコーヒーを淹れるのがちょっとしたトレンドになっていますが、自分で焙煎からやるのはなかなか出来ない体験。まず、豆の選び方として、初心者向けには大粒より小粒、ウォッシュドよりナチュラルの方が煎りやすいそう。

そして、よく知られているマンダリンは水分が多い、コロンビア、トラジャ、ガラパゴスお大粒、グァテマラ、ホンジュラスはしまりがよい分火が入りにくいということで、初心者向けにはブラジルやキューバが向いていると教えてもらいます。家庭用焙煎器「いる・いる」に、豆を入れ、遠火の強火にあてて左右に振ります。手で煎ると浅煎になりがちですが、これらの豆はそれでもおいしく仕上がるそう。

ひたすら何があっても焙煎中は左右に降り続けること

「星野リゾート リゾナーレ熱海」の森で楽しむ、コーヒーの焙煎体験

焙煎すると重さは20%軽くなります。40gのコーヒーを使うので50gの豆を量って、焙煎器に入れます。強火から15cmほど話して、「いる・いる」をひたすら15分ほど振り続けます。止めると一部分だけこげておいしくないそう。腕がなかなか鍛えられそうです。

「星野リゾート リゾナーレ熱海」の森で楽しむ、コーヒーの焙煎体験

2回豆がはぜれば完了。ザルにあけてから扇風機(うちわでも可)で冷やして完成。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.