くらし情報『懐かしいのに新しい、ぬくもり溢れる民藝品に包まれる「星野リゾート 界 鬼怒川」の部屋』

2016年11月20日 11:00

懐かしいのに新しい、ぬくもり溢れる民藝品に包まれる「星野リゾート 界 鬼怒川」の部屋

懐かしいのに新しい、ぬくもり溢れる民藝品に包まれる「星野リゾート 界 鬼怒川」の部屋

森を抜けた小高い丘の上にある「星野リゾート界 鬼怒川」は、木立が美しい中庭が印象的。とちぎの民藝である益子焼きや黒羽藍染め、鹿沼組子が全室を彩ります。

そこかしこに息づく地元の職人技

懐かしいのに新しい、ぬくもり溢れる民藝品に包まれる「星野リゾート 界 鬼怒川」の部屋

まず、訪れた人の目に入るのが、栃木県産の大谷石が見事な入り口。エントランスホールにある水琴窟は、益子焼きの壼があります。ウェルカムドリンクのコースターには、黒羽藍染めのコースターが。また、トラベルライブラリーには、注目の若手作家による益子焼きの作品がずらりと並びます。一点ものも多いので、運命!と思える作品に出会ったら、即手に入れて。ここで使われている“民藝”とは、もともと民衆的工藝の略で、日常的に使われる工芸品のことを指す造語のこと。柳宗悦河井寛次郎らによって提唱された言葉で、高級な美術品ではなく、名もなき職人たちが作る日用品の中にこそ美しさ(用の美)があるとして広められました。

48室の客室すべてに伝統工芸がちりばめられて

懐かしいのに新しい、ぬくもり溢れる民藝品に包まれる「星野リゾート 界 鬼怒川」の部屋

「星野リゾート界 鬼怒川」は、全48室すべてが「とちぎ民藝の間」。部屋の上がり口の間でかわいい益子焼きの置物が出迎え、寝心地のよいローベッドの枕元には鹿沼組子が。ベッドヘッドのランナーや障子には黒羽藍染、壁には益子焼きのお皿、広々としたテラスには重厚感がありながらも涼やかな大谷石が贅沢に使われています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.