くらし情報『「アジアにめざめたら」東京国立近代美術館にアジアのアートが集結』

2018年11月16日 17:18

「アジアにめざめたら」東京国立近代美術館にアジアのアートが集結


東京都・千代田区にある「東京国立近代美術館」にて開催されている展覧会「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代(以下、アジアにめざめたら)」。展示の概要や魅力をご紹介します。

アジア各地のアヴァンギャルド・アートが東京に集結!

「アジアにめざめたら」東京国立近代美術館にアジアのアートが集結

東京国立近代美術館・1階企画展ギャラリーにて、2018年10月10日(水)~12月24日(月・休)まで開催されている展覧会「アジアにめざめたら」。

アジア各地の現代アートの黎明期である1960年代~1990年代に焦点をあてた展覧会で、90組以上の作家が手がける、絵画や彫刻、パフォーマンスなど約140点ものアート作品が東京に集結しています。

「アジアにめざめたら」東京国立近代美術館にアジアのアートが集結
10を超える国と地域の90組以上の作家
日本・韓国・台湾・中国・香港・インドネシア・シンガポール・タイ・フィリピン・マレーシア・インドなど、10を超える国と地域で活躍する、90組以上の作家の作品が登場。

約140点ものアート作品
絵画・彫刻・版画・写真・映像・パフォーマンス・インスタレーションなど、多様なアヴァンギャルド・アートが約140点展示されます。

3章にわたってアートを展示

「アジアにめざめたら」東京国立近代美術館にアジアのアートが集結
第1章:構造を疑う
1968年以降、西洋由来の“美術”という概念に疑問を持ったアジア各国の若い作家たちは、従来の“絵画”や“彫刻”といった形式にとらわれない芸術作品を生み出してきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.