くらし情報『外壁塗装の耐用年数ってどれくらい?塗替えすべきタイミングなどをご紹介』

2017年10月28日 12:03

外壁塗装の耐用年数ってどれくらい?塗替えすべきタイミングなどをご紹介

外壁塗装は家の寿命を左右する大切なもの。しっかりとメンテナンスを行わなければ外壁がひび割れ、家はどんどん劣化してしまいます。実は外壁塗装には耐用年数が決められており、選ぶ塗料や外壁の材質によって塗装するタイミングが異なります。そこで今回は、外壁塗装の耐用年数や塗料による違い、塗替えするタイミングなどについてご紹介します。

外壁塗装の耐用年数とは?

目次

・外壁塗装の耐用年数とは?
・塗料による耐用年数の違い
・塗替えをするタイミングはいつがいい?
・まとめ
外壁塗装の耐用年数ってどれくらい?塗替えすべきタイミングなどをご紹介


耐用年数とは、「建物や機器などが使用に耐える年数」のこと。法律ではさまざまな建物や機器に法定耐用年数が設定されていますが、塗料の場合は設定されていません。外壁塗装の耐用年数は、各メーカーが発表している塗料の耐用年数を目安にすることになります。

外壁塗装の耐用年数は短くて3年~4年、長くて10年~20年とされています。耐用年数を把握していなければ適切な塗替えを行えず、外壁はどんどんダメージを受けてしまいます。ダメージが深刻化してしまうと当然リフォーム代金も高額になってしまうため、耐用年数はしっかりと把握しておく必要があるのです。

外壁塗装の耐用年数は塗料によって大まかに決まっているため、まずは各塗料の耐用年数を知ることで目安にできます。

塗料による耐用年数の違い

外壁塗装の耐用年数ってどれくらい?塗替えすべきタイミングなどをご紹介


外壁塗装において主に使用されている塗料は、「アクリル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.