くらし情報『突然の転勤でも損をしないために。マンションの売却で気をつけたいこと』

2017年11月12日 14:03

突然の転勤でも損をしないために。マンションの売却で気をつけたいこと

夢のマイホームを手に入れた矢先に転勤……というのは珍しいことではありません。しかし、転勤の期間や同じ職場に戻る可能性、子どもの進路などにもよりますが、単身赴任でない限り、不動産は貸し出すか売却するかを選択しなければ、コストだけがかかり損してしまいます。ケースバイケースではありますが、売却を選択されている方も多いようです。そこで今回は、マンションを売却する際に気をつけるべきことをご紹介します。

ここだけは気をつけて!マンションを売却する際の注意点

目次

・ここだけは気をつけて!マンションを売却する際の注意点
・マンションを転勤前に売却するメリット・デメリット
・マンションを転勤後に売却するメリット・デメリット
・まとめ
突然の転勤でも損をしないために。マンションの売却で気をつけたいこと


マンションを売却すると決意したら、まずは次のことに注意しましょう。

【住宅ローンの残債を確認】

まず確認すべきは、未払いの住宅ローンです。転勤でマンションを売却する方の多くは、売却時にローンの残債があるケースがほとんど。その場合、売却するためには残りのローンを返済する必要があります。

ローンの残債が貯金額でまかなえる場合は、一括で支払いましょう。あるいは、マンションの売却によって得たお金を返済に充てることも可能です。その際、売却価格が残債に満たなかった場合は、差額を貯金や借り入れなどで補う必要があります。

マンションを貸し出して家賃収入をローン返済に充てる方もいますが、実際は修繕費や税金などの出費も多く、赤字になるケースもあるようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.