くらし情報『ソーラーパネルにも寿命がある!リサイクル方法や費用について知っておこう』

2017年11月18日 19:03

ソーラーパネルにも寿命がある!リサイクル方法や費用について知っておこう

地球温暖化対策は世界的にも注目が集まる中、クリーンエネルギーとして太陽光発電への期待が高まっています。ただし、太陽光発電を導入する際に忘れてならないのが、ソーラーパネルにも寿命があり、買い替える時には適切な処分が必要なことです。資源の有効利用のためのリサイクル方法や、業者に頼む場合の料金についてご紹介します。

ソーラーパネルの平均寿命とリサイクル

目次

・ソーラーパネルの平均寿命とリサイクル
・ソーラーパネルのリサイクルはどこに頼むべき?
・ソーラーパネルのリサイクルにかかる料金は?
・まとめ
ソーラーパネルにも寿命がある!リサイクル方法や費用について知っておこう


【ソーラーパネルの寿命は約20~25年】

一般家庭の屋根などに設置するソーラーパネルは、たくさんの太陽電池を板状につなげたものです。地球温暖化の原因となる二酸化炭素を出さないソーラーパネルの設置は、国も推進するもので、2012年度に始まった固定価格買取制度によって、設置する家庭も増えてきました。メンテナンスが難しく耐用年数が気になるところですが、ソーラーパネル自体が稼働する構造ではないため、寿命は長く一般的には20~25年の耐久性があると言われています。また、中には30年保つとうたわれている物もあるようです。

【ソーラーパネルはリサイクルできる?】

現在最も普及しているシリコンタイプのソーラーパネルは、ほとんどの素材がリサイクル可能です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.