くらし情報『【ねこのふらり一人旅 #15】安くておいしいがいっぱい!マドリードで本場タパスを堪能』

【ねこのふらり一人旅 #15】安くておいしいがいっぱい!マドリードで本場タパスを堪能

2018年3月13日 17:03
 

カタール航空で乗り継ぎ先のドーハから約7時間。やっとマドリードに到着!スペインといえば、サグラダファミリアを代表するガウディ建築があるバルセロナ、フラメンコが有名なグラナダが有名ですが、首都は「マドリード」。旧市街地のロマンチックな街並みと、安くておいしいタパスの魅力をたっぷりご紹介しましょう!

スペイン帝国黄金時代の名残を残す、首都マドリードの街並み

目次

・スペイン帝国黄金時代の名残を残す、首都マドリードの街並み
・サンミゲル市場でスペインの"おいしい"に出会う!
【ねこのふらり一人旅 #15】安くておいしいがいっぱい!マドリードで本場タパスを堪能


前回のパリ旅行同様、アパートタイプの宿を予約。ホテルよりも安く泊まることができ、市場や地元のスーパーで買ってきた食材で料理をしながら、今回も一人旅を満喫!

荷物を置き、早速マドリードの街へ。マドリードには政治と経済の中心地である「新市街」と、歴史と芸術を担う「旧市街」の2つの地区があります。お借りしたアパートがあるのは旧市街地。スペイン帝国時代黄金世紀である17世紀以降に建てられた建造物が今でも残されており、当時のヨーロッパを感じられるベストスポットとなっています。

【ねこのふらり一人旅 #15】安くておいしいがいっぱい!マドリードで本場タパスを堪能


アパートは石畳の坂道を登った先。3日ほど滞在したマドリードでは毎日この道を通り、市場や観光に出かけました。写真はアパートのオーナーさんに撮っていただいたもの。

【ねこのふらり一人旅 #15】安くておいしいがいっぱい!マドリードで本場タパスを堪能


旧市街の見どころと言えば「マヨール広場」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.