くらし情報『【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ』

【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ

2018年3月27日 17:03
 

マドリードで有名なレストランのひとつに〔Botín(ボティン)〕というお店があります。「現存する世界最古のレストラン」として、ギネスにも認定されているのだとか。世界中からファンが訪れるそうです。せっかくなので旅のちょっとした贅沢に訪れてみました!

ヘミグウェイも愛した世界最古のレストラン

目次

・ヘミグウェイも愛した世界最古のレストラン
・名物《子豚の丸焼き》そのお味はいかに!?
【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ


“世界最古”というだけにどれほど格式が高いのかしら……。と、ちょっとドキドキして出かけたに〔Botín(ボティン)〕。創業はなんと、1725年!長い歴史を持つ名店だけあり、さまざまな逸話が残されていました。

例えば、スペイン絵画の巨匠であるフランシスコ・デ・ゴヤがマドリードへ上京した際に厨房で皿洗いをしていた、作家のアーネスト・ヘミングウェイも常連で彼の“指定席”が今も残っている……。そのヘミングウェイの代表作『日はまた昇る』の中にも記述があり、〔ボティン〕の知名度が一気に高まりました。

【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ


【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ


名物《子豚の丸焼き》そのお味はいかに!?

【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ


〔ボティン〕の名物は、何といっても、創業以来から変わらずに使われている薪のオーブンで焼いた《子豚の丸焼き》です。これを試さなければはじまりません!

【ねこのふらり一人旅 #17】ちょっと奮発!世界最古のレストランでディナーを楽しむ


母乳のみで育った子豚を、薪オーブンで職人たちが丁寧に焼いたこちらの一品。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.