くらし情報『もしものときのために家の防災グッズを見直そう【非常食・日用品・便利アイテム】』

もしものときのために家の防災グッズを見直そう【非常食・日用品・便利アイテム】

2018年5月16日 11:03
 

「もし今、地震が起きたら……」。誰もが一度は想像したことがあるのでは?震災の多い国と言われている日本に住む以上、他人事のように考えず一人ひとりが意識して備える必要があります。今回はそんなもしものときの備えについて、我が家の防災グッズを紹介します。

防災グッズの置き場所

目次

・防災グッズの置き場所
・食べ慣れた味をストックする
・ストレスを軽減するもの
・要・練習!衛生用品
・いくつあっても困らないモノ
・その他にもあると便利なもの
もしものときのために家の防災グッズを見直そう【非常食・日用品・便利アイテム】


我が家では基本的な防災グッズは玄関に置いています。

家を建てるときにシューズクローゼットに追加で収納を増やしてもらい、ここにまとめておいています。重たい水は一番下に収納。もし災害にあって水道が使えなくなった場合、1人当たり3Lが必要量と言われています。例えば4人家族の場合、最低3日分は確保したいので、3L×4人×3日で36Lが我が家の備蓄に必要な量。2Lのペットボトルなら18本必要ということになります。ただ、水は地震などでペットボトルが破損する場合もあるので、1ヵ所に固めずに、家中のあちこち分散させて用意しておくのがいいようです。

我が家では玄関に12本、2階のクローゼットに10本をストックしています。そのまま置いていますが、セーフティーボックスに入れるなどしておくとより安心ですよね。

もしものときのために家の防災グッズを見直そう【非常食・日用品・便利アイテム】


食べ慣れた味をストックする

もしものときのために家の防災グッズを見直そう【非常食・日用品・便利アイテム】


これは1人あたりの1日分の食料です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.