くらし情報『【左利きさんへ】左利きのストレスがどんどん軽くなる“レフティアイテム”続々誕生!』

2018年8月24日 19:03

【左利きさんへ】左利きのストレスがどんどん軽くなる“レフティアイテム”続々誕生!

世の中のツールは基本、右利き目線で作られています。最近でこそハサミなどの左利き用ツールが出回るようになりましたが、それでもまだ一部。料理や小さな子ども用となると、やはりまだまだ右利き社会です。そこで今回は、神奈川県相模原市で左利き用ツールを100種以上取り揃えている文房具店〔菊屋〕さんを取材、子育てママにも嬉しい左利き用アイテムを紹介していただきました。

左利きは右利きより時間的に不利!?

目次

・左利きは右利きより時間的に不利!?
・左利きさんの悩みから生まれた《レフティ用おたま》
・実は左手で使える右利き用アイテムも
・左利きの子どもが使う刃物は左利き用が安心
【左利きさんへ】左利きのストレスがどんどん軽くなる“レフティアイテム”続々誕生!


今回取材で訪れたのは、左利き用ツールを100種以上取り揃えている文房具店〔菊屋〕さん。店内にはズラリと左利きさんのためのアイテムが並んでいます。

【左利きさんへ】左利きのストレスがどんどん軽くなる“レフティアイテム”続々誕生!


〔菊屋〕代表の浦上裕生さんによると、

「左利きの人が右利き用の道具を使うとき、右利き用に作られたものをいったん左利きで使うイメージをしてから使わないといけないんです。それはそれで空間イメージのトレーニングになっているのかもしれませんが、多忙を極めるときやテストなど、1秒も無駄にしたくないときは、右利きに比べて不利になります」

とのこと。《定規》などはその典型的な例だそう。

「一般的な定規なら、目盛りは左スタート、左が0ですよね。たとえば5cmの線を引くとしたとき、右利きならそのまま0から5cmまでの線を引けば良いですが、左利きの場合、それだと引いている線が手で隠れて見えないので、右から5cmを数えながら線を引きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.