くらし情報『【手づくり女子の基本の“き” #6】ペンキは油性と水性どう違う?』

2018年9月6日 13:03

【手づくり女子の基本の“き” #6】ペンキは油性と水性どう違う?

「工具マニアのエリー」による、手作りアイテムのイラスト解説コーナー。第6回目は「油性ペンキと水性ペンキの違い」について簡単に解説していきます!油性ペンキと水性ペンキ、それぞれの違いやメリットを抑えて、用途に合わせてペンキをうまく使い分けましょう!

油性と水性、どっちのペンキを選べばいいのか迷う!

目次

・油性と水性、どっちのペンキを選べばいいのか迷う!
・油性と水性は「溶剤」が違う!
・油性の強みは?
・水性の強みは?
・そういえば、あの人気塗料も水性だった!
【手づくり女子の基本の“き” #6】ペンキは油性と水性どう違う?


ベランダの椅子をペイントしたい!自分で作った棚をおしゃれにペイントしたい!DIYを始めると、ペイントしたくなるのが手作り女子の性……。

しかし、いざホームセンターでペンキを買おうとすると、あまりの種類の多さにびっくりしますよね。そもそも、油性ペンキと水性ペンキの使い分けも、どうすればいいかわからなかったり。

そこで今回は、油性ペンキと水性ペンキの違いと、それぞれの強みポイントを解説していきます!

油性と水性は「溶剤」が違う!

【手づくり女子の基本の“き” #6】ペンキは油性と水性どう違う?


ペンキの成分は、主に「顔料」「樹脂」「添加剤」で、それを溶かして液状にしているのが「溶剤」です。油性ペンキと水性ペンキの決定的な違いはこの「溶剤」にあります。

油性ペンキは「シンナー」とも言われる揮発性有機溶剤を使用。水性ペンキは、その名のとおり「水」を使用しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.