くらし情報『【専門家監修】自宅の階段をバリアフリーに!リフォームのポイントや失敗事例、費用を紹介』

2019年4月3日 10:33

【専門家監修】自宅の階段をバリアフリーに!リフォームのポイントや失敗事例、費用を紹介

階段のバリアフリーリフォームの重要性を考えたことがありますか?若いうちは足腰も運動能力も高いのでさほど問題はないかもしれませんが、お子さんや高齢の方との同居をしているのであれば、安全面を考えて階段のリフォームを優先させた方がいいかもしれません。階段のバリアフリーをしたほうがいい理由や、費用、そのほか参考になる失敗事例もご紹介します!

自宅の階段をバリアフリーにした方がいい理由

目次

・自宅の階段をバリアフリーにした方がいい理由
・リフォームのポイント&費用【手すりのバリアフリー】
・リフォームのポイント&費用【灯りのバリアフリーリフォーム】
・リフォームのポイント&費用【床素材】
・リフォームのポイント&費用【勾配・段差】
・【予算の悩みを軽減!】バリアフリーリフォーム補助制度について
・安全性の向上に階段リフォームはとても重要です!
・このアイデアの監修者
【専門家監修】自宅の階段をバリアフリーに!リフォームのポイントや失敗事例、費用を紹介


やはり手すりは最優先のバリアフリーポイントであることは、皆さんも異論のないところだと思います。とにかく、これがないと始まりません。

ただ、握力が低下した高齢の方も多くいらっしゃいますので、手すりだけでは不十分な場合もあります。そうなると滑りにくい床素材のバリアフリーリフォームも必須条件といえるでしょう。

また、大掛かりな工事とはなりますが、階段勾配そのものを変える工事も要検討事項です。とくに古い住宅の階段勾配はきつい場合があり、お年寄りにとっては想像以上の大敵となります。

ちょっとした工事で済ませるならば足元灯の新設もおすすめします。足元が明るいと降りるときなどはずいぶんと助かります。天井照明や壁照明なども足元を照らしますが体の影になることもあり、やはり足元灯にはかないません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.