くらし情報『「家にいる時間が一番好き」といえる部屋づくりのアイデア』

2019年8月24日 18:03

「家にいる時間が一番好き」といえる部屋づくりのアイデア

家で過ごす時間がなんだか落ち着かない……と思っていませんか。『ミニマリストな暮らし方』(すばる舎)では、スッキリ快適に暮らしている人気インスタグラマーさんの暮らしを垣間見ることができます。ここでは、書籍の中から「家が大好き」という、むすびさん(@0omusubi2)のページをご紹介します。

※この文章は、書籍『ミニマリストな暮らし方』(すばる舎)の内容から一部抜粋、編集したものです。

目次

・家にいるのが一番好きと言えるお部屋づくり
・カラーボックスをうまく使う
・おもちゃは1軍と2軍に分けて
・見えないところは出費を抑えた収納で
・マットレスの干し方にも工夫
・家が大好きになるような暮らしを


家にいるのが一番好きと言えるお部屋づくり

むすび(@Oomusubi2)さんは、旦那さんとお子さんの3人暮らし。2LDKのおうちに住んでいます。たくさんモノの溢れたお宅にお邪魔する機会があり「自分もいつかこうなってしまうのでは……?」と危機感を持ったのが、モノと向き合うきっかけになったのだそう。

娘さんと家にいる時間が多いので、快適で安全な空間になるように床にはモノを置かないように心がけているそうです。むすびさんは家にいる時間が一番好きなのだとか。そんなむすびさんのお部屋づくりのコツを見ていきましょう!

カラーボックスをうまく使う

「家にいる時間が一番好き」といえる部屋づくりのアイデア


リビング横の洋室に置いたカラーボックスには、娘さんの洋服とむすびさんのバッグを収納。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.