くらし情報『旅先で災害が発生したらどうする?最低限知っておいて欲しい3つの行動』

2019年10月17日 17:03

旅先で災害が発生したらどうする?最低限知っておいて欲しい3つの行動

いつどこで起きるかわからない自然災害は、旅行も例外ではありませんよね。いざというときは、正しい知識と冷静な判断ができると安心です。見知らぬ土地でも困らないよう、災害にあったときに思い出して欲しい3つのポイントをご紹介します。

旅先の災害対策1. まずは「避難」して身の安全を確保する

目次

・旅先の災害対策1. まずは「避難」して身の安全を確保する
・旅先の災害対策2. 携帯を使って「正しい情報を集める」
・旅先の災害対策3. 方針を決めて「行動する」
・【番外編】旅行前の災害対策
・旅行先で被災したら、身の安全を第一にして行動しよう!
旅先で災害が発生したらどうする?最低限知っておいて欲しい3つの行動


まずは、身の安全を確保するのが先決です。施設にいるのか、レジャー先にいるのか、または移動中なのか、状況によって避難方法が異なります。

スタッフの指示に従い、避難を行うことが大切です。宿泊施設だと、チェックインの際に避難経路の指示があるので、しっかり聞きましょう。

地震の際に予想されるのは津波。すぐに海岸を離れて、内陸の高い場所へと避難しましょう。台風の場合は高波が来るので、海自体に近づかないようにしてください。

地震のときは落石や雪崩、大雨のときは土砂崩れなどが予想されます。雷のような音が響いたら、とにかく逃げる必要があります。つい下に降りがちですが、とても間に合わず、飲みこまれてしまいます。その場が危ないと思ったら、“横へ逃げて”ください。

慌てて走ったり、映画のように河原に飛び込むと、けがをしてしまうかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.