くらし情報『留守であることを悟らせない!旅行中空き巣に入られにくい戸締りのコツ』

2019年10月17日 18:03

留守であることを悟らせない!旅行中空き巣に入られにくい戸締りのコツ

宿泊予約OK、チケットの準備OK、荷物の準備OK!旅の準備はワクワクして楽しい♪けれど、何か忘れてませんか……?そう、戸締り!1週間など長めの旅行にでるときは、とくに注意が必要ですよ。楽しんで帰ってきたら空き巣にあっていたなんて、笑い事ではありません。しっかり対策しておきましょう!

空き巣に狙われないためには?

目次

・空き巣に狙われないためには?
・①カーテンを完全に閉めない
・②新聞や郵便物の配達を止めておく
・③防犯グッズを利用する
・④SNSにリアルタイムの投稿をしない
・旅行の準備は「戸締りの徹底」もお忘れなく!
留守であることを悟らせない!旅行中空き巣に入られにくい戸締りのコツ


留守の家に侵入する、空き巣。長期旅行の際は、自宅が標的にされないか不安になりますよね。狙われないようにするには「留守であることを悟らせない」ことが大事。では、どうしたら留守を隠せるのでしょうか?

①カーテンを完全に閉めない

留守であることを悟らせない!旅行中空き巣に入られにくい戸締りのコツ


厚手のカーテンを数日閉めきったままにしていると、留守なことに気づかれやすくなります。また、外から状況が見えず侵入しても周囲の住民に気づかれにくいため、犯人にとって好都合な状況。逆に中が見えすぎても人がいないことがバレてしまうので、レースのカーテンを閉め、厚手のカーテンは少し開けておくなどの工夫が必要です。

②新聞や郵便物の配達を止めておく

留守であることを悟らせない!旅行中空き巣に入られにくい戸締りのコツ


留守中に溜まってしまうのが、配達物。ポストがいっぱいになっていたら、「留守にしています」と知らせているようなもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.