くらし情報『近年多発する地震等自然災害に高まる防災意識。日常から災害に備える「防災タオル」とは』

2020年3月6日 11:03

近年多発する地震等自然災害に高まる防災意識。日常から災害に備える「防災タオル」とは

今治タオルメーカー(森清タオル株式会社)のグループ企業である株式会社Abby(本社:愛媛県今治市代表取締役:森和子、以下「当社」)は、災害時に7つの機能を果たす「防災タオル」の先行受付を開始いたします。

近年多発する地震等自然災害に高まる防災意識。日常から災害に備える「防災タオル」とは


2011年3月11日に起きた東日本大震災を皮切りに、南海トラフ大震災などへの防災意識が高まっていますが、内閣府が調査した統計(平成28年度、日常生活における防災に関する意識や活動についての調査結果について)によると、実に62.2%の人が「災害への備えに取り組めていない」と回答しました。

こうした防災意識に関する背景を、日用品から解決していく取組みとして誕生したのが「防災タオル」です。

「防災タオル」は従来の防災グッズとは違い、どこかにしまっておくものではなく、日々の暮らしの中でも使うことができます。

「災害が起きたから使う」補助品としてではなく「日常から使えて災害にも備えることができる」日用品をテーマに開発しました。

綿100%で乾きも早い今治製の「防災タオル」は、キッチンやスポーツ、アウトドアなど普段のくらしの中でも大活躍します。家族人数分だけ揃えられ、くらしに馴染むカラーの7色展開です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.