くらし情報『どんな扉の厚みでも、取っ手やツマミはつけられる?』

2021年1月15日 13:03

どんな扉の厚みでも、取っ手やツマミはつけられる?

みなさん、棚の引き出しによくついている取っ手やつまみを交換されたことはありますか??

以前は、壊れたから仕方なく・・・という方が多かったのですが、最近はもっと自分の好きなデザインのものをつけたいという方も増えています。

目次

・家具の取っ手・ツマミは取り替えできる
・どんな扉の厚みでも大丈夫、というわけではない
・すぐつけてほしいから、ビス追加サービス開始
・ご注文商品と一緒にお届けします
・必要なビスの長さは、「扉厚+3~5mm」


どんな扉の厚みでも、取っ手やツマミはつけられる?


家具の取っ手・ツマミは取り替えできる

家具の引き出しや扉についている取っ手やツマミは、交換できるんです。

引き出しや扉を開けて、裏側を確認してみてください。ビス(ネジ)でとまっていませんか?

そういう場合は、+ドライバーでビスを回すと外れます。

どんな扉の厚みでも、取っ手やツマミはつけられる?


外すとこんな感じ。

どんな扉の厚みでも、取っ手やツマミはつけられる?


取り替えは、新しくつけたいツマミを用意して、またドライバーで固定する。これだけです♪

★取っ手の場合は穴が2つあるので、ビスピッチというサイズもポイントになってきます。詳しくはビスピッチをご覧くださいね。

どんな扉の厚みでも大丈夫、というわけではない

つまみでも取っ手でも交換するときに避けて通れないのが、交換場所の扉厚(とびらあつ)です。これはそのままの意味で、取り付ける扉(板)の厚みのこと。

つまみや取っ手はビスで固定するわけですが、交換場所の扉厚によって、使用できるビスが変わってくるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.