くらし情報『アルコール消毒液と次亜塩素酸水の効果を比較』

2020年5月6日 12:10

アルコール消毒液と次亜塩素酸水の効果を比較

毎日、次亜塩素酸水(微酸性電解水)の製造をしていますが、次亜塩素酸水についてだったりアルコール消毒液ついてのお問い合わせも毎日のようにいただいています。

アルコール消毒液は医療の現場でも多く使われていることもあって、みなさんも安心して使われていると思います。

目次

・アルコール消毒液の特徴
・アルコール消毒液のデメリット
・アルコール消毒液のメリット
・次亜塩素酸水の特徴
・次亜塩素酸水のデメリット
・次亜塩素酸水のメリット
・アルコール消毒液も次亜塩素酸水も状況によって使い分けよう


ですが、効果について不安を感じていたり、多くの人がアルコール消毒液が手に入らなくて困っていることも事実です。

・アルコール消毒液に変わる良い消毒液ってないのかな?

・アルコール消毒しているけど手が荒れてきたけど、手が荒れない消毒液ってないのかな?

などなど、このような悩みを解消できるのが、実は【次亜塩素酸水】です。

厚生労働省に認可された生成方法の電気分解によって生成された次亜塩素酸水は、肌にも優しく安心して使用することができます。

今回の記事では、アルコール消毒液と次亜塩素酸水の効果の違いなどをデメリットも含めて紹介していきます。

あなたが安心して健康を守れるように、参考にしていただけると幸いです。

アルコール消毒液の特徴

アルコール消毒液と次亜塩素酸水の効果を比較


アルコール消毒液は、アルコール濃度70〜80%ぐらいが消毒液として向いているとされています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.