くらし情報『200V IHクッキングヒータービルトインタイプ Wシリーズ 9機種がデビュー』

2016年10月12日 12:01

200V IHクッキングヒータービルトインタイプ Wシリーズ 9機種がデビュー

2016年11月21日、パナソニック エコソリューションズ(以下、パナソニック)からグリルの自動調理において業界最速(※1)の調理時間を実現した200V IHクッキングヒータービルトインタイプWシリーズが発売されます。

200V IHクッキングヒータービルトインタイプ Wシリーズ 9機種がデビュー


パナソニックが実施した調査(※2)では、「家事の時間を減らして、自分の時間や家族団らんの時間を増やしたい」と望む女性が多いことがわかったそうです。
そこで、本製品では好評のラクッキングリルに「お急ぎ」コースを新搭載、お好みに合わせて、「お急ぎ」「標準」「しっかり」の3種類の焼き分けが可能になっています。
また、グリル皿を新開発。熱伝導率の高いアルミとステンレスを使用した2層クラッド材(※3)により、従来品比約40%(※4)軽量化を実現。
最大消費電力も、従来品(Vシリーズ)の3.7kWから2.7kWに低減。パナソニック独自のIH熱源でグリル庫内温度を一気に立ち上げ、魚や肉料理などの焼き物調理のおいしくスピーディな焼き上げが可能になっています。
また、天面には焼き物アシスト機能を搭載。火力調整の難しい焼き物調理もメニューを選ぶだけで、温度・時間を自動設定し、食材を入れる、裏返すといったタイミングを音声でお知らせしてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.