くらし情報『山奥の廃校が観光スポットに! 南島原食堂がオープン』

2016年10月17日 10:25

山奥の廃校が観光スポットに! 南島原食堂がオープン

長崎県の南島原市に、長野小学校塔ノ坂分校を改修した新たな観光スポット「南島原食堂」が10月9日にオープンしました。特産品の手延そうめんが魅力です。

目次

・食堂が誕生したきっかけ
・ここでしか味わえない16種の「おかえりそうめんセット」
・プレゼントキャンペーンも!
・食堂営業時間・営業日


山奥の廃校が観光スポットに! 南島原食堂がオープン


食堂が誕生したきっかけ

南島原の手延そうめんといえば、県民なら誰もが知る特産品です。しかし、これまで南島原にはその特産品を食べられる場所がほとんどありませんでした。そこで生まれたのが南島原食堂です。廃校となった長野小学校塔ノ坂分校に新たな命を吹き込み、この食堂を観光拠点と位置付けて、食堂を中心に市内を活性化したいとのことです。

ここでしか味わえない16種の「おかえりそうめんセット」

山奥の廃校が観光スポットに! 南島原食堂がオープン


「おかえりそうめんセット」は、南島原のオリジナルレシピから16種の素麺を1口ずつ味わうことのできる、見た目も楽しく食べておいしい南島原食堂だけのオリジナルメニューです。また、新鮮な野菜や果物を使ったスムージーも提供し、訪れる人を楽しませてくれます。

プレゼントキャンペーンも!

山奥の廃校が観光スポットに! 南島原食堂がオープン


市の花であるひまわりの種プレゼントキャンペーンも実施されます。
食堂に来ていただきtwitter、Facebook、Instagramのいずれかで、「#おかえりなさいそうめん」とつぶやいていただくと、ひまわりの種をプレゼントしてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.