くらし情報『頑張らなくても良くなる!トイレ床の黒ずみを落とす洗剤の選び方』

2020年9月1日 15:12

頑張らなくても良くなる!トイレ床の黒ずみを落とす洗剤の選び方

中性洗剤といったらキッチンの食器用洗剤を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、それでも悪くはないと思います。

ただし、食器用洗剤のように界面活性剤を含む洗剤は再び汚れをくっつけやすくし掃除の頻度を高めてしまうデメリットもあります。

しっかりと界面活性剤の成分が残らないように水で十分に濯いだり、水拭きも多めにする必要があるのでお気をつけください。

汚れが頑固なものになってしまうと、中性洗剤ではまったく歯が立たず、中性に近いクエン酸や重曹を使った掃除でも全く効果がなかったりします。

そのため、酸性やアルカリ性の洗剤を使い分けて汚れを落としやすい状態にすることが大切です。

便器からの汚れを含んだ「飛沫やおしっこ」
頑張らなくても良くなる!トイレ床の黒ずみを落とす洗剤の選び方


便器からの汚れを含んだ「飛沫やおしっこ」には、酸性の洗剤をオススメします。といっても、強い酸性洗剤だと床材を傷めてしまったり、掃除中に皮膚や目に刺激があったりして危険なので、使用するなら「弱酸性」のものが良いです。

こまめに掃除できる人なら、中性の洗剤でも全然構いません。

ですが、なかなか掃除する時間がなかったり、汚れが目立ってきてしまった場合は弱酸性の洗剤を使った掃除がオススメです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.