くらし情報『信州発の家具ブランド「pioneer plants(パイオニアプランツ)」からOwen's Chair miniが新登場』

2020年10月14日 13:03

信州発の家具ブランド「pioneer plants(パイオニアプランツ)」からOwen's Chair miniが新登場

株式会社やまとわ(本社:長野県伊那市/代表取締役中村博)が、“地域の木で家具を作ることで、その土地の豊かな森づくりに繋げていくプロダクトをつくりたい”という想いから生まれた家具ブランド“pioneerplants(パイオニアプランツ)”。この度、新たにOwen’sChairminiがラインナップに加わりました。こちらの商品は、10月より自社オンラインショップや取扱店で販売を開始いたします。

信州発の家具ブランド「pioneer plants(パイオニアプランツ)」からOwen's Chair miniが新登場


<pioneerplantsが生まれた理由~日本と、世界の森をサスティナブルにする~>

日本は、国土の約7割が森林という自然豊かな国です。しかし、木材自給率は約36%(※1)。約6割を海外の木に頼っているのが現状です。そして、日本の森は木使われないため手入れが行き届かず、どんどんと荒廃してしまっているという悪循環が生じています。

その反面、海外の森林は、行き過ぎた伐採によりどんどん森林が減少しています。現に、1990年から2015年の間に日本の国土の約3.5個分の森林が失われてしまいました(※2)。これらのことから、私たちは、地域の木を地域で使うことが、日本の森づくりだけでなく、世界の森林保全にも繋がると考え、pioneerplantsを立ち上げました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.