くらし情報『【DIY】このダサ汚いバルコニーが、センス抜群の空間に激変!』

2021年1月16日 18:03

【DIY】このダサ汚いバルコニーが、センス抜群の空間に激変!

二人目のお子様が生まれて以前のお住まいが手狭になったため、築12年(取材当時)のマンションをご購入されたご家族。「バルコニーは、前に住んでいた方が何もしていなくて、汚れが目立っていました。室内のフローリングはワックスをかけてキレイになりましたが、その反面今度はバルコニーの汚れが目立ってしまって」とご主人。室内に加えて、バルコニーにも手を入れたい思いはあったものの、中古マンションにありがちな汚れたままの状態ではなかなかやる気が出なかったそうです。

ぼんやりした印象だったバルコニーを グリーンのタイルで色鮮やかに。

Before

目次

・ぼんやりした印象だったバルコニーを グリーンのタイルで色鮮やかに。
・一日の始まりと終わりの時間が バルコニーで過ごす時間に変わった。
・バルコニーを楽しく飾る。 こだわりの手作りアイテムがたくさん。
【DIY】このダサ汚いバルコニーが、センス抜群の空間に激変!

プロフィール・エリア:東京都・家族構成:ご夫婦、お子様2人・物件:中古マンション購入(築12年/取材時)・バルコニー面積:11.4㎡

築12年のバルコニーは汚れが目立っていたため、もともと何か床材を敷くつもりだったというご主人。「タイルを敷く前はバルコニーの床の色が防水シートのベージュだったので、茶色や黒の鉢植えを置いても、なんだかぼんやりした印象でした。フローリングもダークブラウン色だから室内からの見栄えもあまり良くなくて」。

以前のお住まいでも天然木のタイルを敷いていたそうですが「年数が経つと劣化してはがれたり、ササクレができて痛かったので天然木はやめようって話をしていたんです」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.