くらし情報『コロナ禍で選ばれる調理家電(キッチン家電)は何が重視されるのか?』

2021年5月6日 18:03

コロナ禍で選ばれる調理家電(キッチン家電)は何が重視されるのか?

株式会社マーケティング・リサーチ・サービス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:岩川恵理子)は、全国20歳~59歳の男女を対象にコロナ禍における調理家電(キッチン家電)購入者の実態調査を実施しました。

詳細内容については、オウンドメディアdigmarに公開しています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、巣ごもり生活が続くこの約1年の間に、商品やサービスの消費スタイルが変化しています。その中で、今回は調理家電に注目し、どのような商品が購入されていたか、利用実態や満足度などの内容でアンケート調査を実施しました。

詳細は下記リンクをご覧ください。

digmar | 市場調査・マーケティングリサーチ業界のためのマーケティングメディア
https://digmar.jp/

コロナ禍で選ばれる調理家電(キッチン家電)は何が重視されるのか?


調査結果サマリー:

1.コロナ禍で新たに購入された調理家電の上位商品は“電子レンジ”、“炊飯器”、“トースター”。

「古くなった」、「壊れた」などの買い替えや「必要になった」が主購入理由であり、一方で、順位は下位ながら、“パン焼き機”などはコロナ禍が購入起因(「巣ごもり」目的の商品)になっている。

2.普段よりグレードの高い商品を購入した傾向は、“コーヒーマシン”など「巣ごもり」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.