くらし情報『省エネ住宅ってどんな家なの?メリット・デメリットもしっかり理解して検討しましょう』

2017年3月1日 16:05

省エネ住宅ってどんな家なの?メリット・デメリットもしっかり理解して検討しましょう

地球温暖化を緩和させるためにさまざまなエコ活動が見られますが、その活動を住宅に応用したものが「省エネ住宅」です。しかし「実際に住人にはどのようなメリットがあるのかいまいちよくわからない」という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は省エネ住宅について詳しくご紹介します。

■省エネ住宅って?

目次

・省エネ住宅って?
・省エネ住宅で利用される自然エネルギー
・省エネ住宅の設計ポイント
・省エネ住宅のメリット
・省エネ住宅のデメリット
・まとめ
省エネ住宅ってどんな家なの?メリット・デメリットもしっかり理解して検討しましょう


そもそも省エネ住宅とはどのような住宅なのでしょうか。簡単に言うと、消費エネルギーを極力抑えた家のこと。家庭では冷暖房や給湯器などさまざまなものにエネルギーを使っていて、日本で1年に発生する二酸化炭素は12億トンにものぼると言われています。そして、そのうちの1割が住宅から出ていると言われているのです。こうした点から、消費エネルギーの削減とともに二酸化炭素の排出量を減らすことが省エネ住宅の目的となっています。
省エネ住宅ってどんな家なの?メリット・デメリットもしっかり理解して検討しましょう


また、単純にエネルギー消費を抑えれば良いのではなく、省エネでありながら快適であるという点が省エネ住宅におけるポイントとなります。「快適な住宅」とは、真冬や真夏でも過ごしやすい家のこと。中でも、部屋の暖かさを逃さない「断熱」、外からの熱気を入れない「日射遮蔽」が快適さを決めるカギとなります。断熱と日射遮蔽の機能が高い家であれば、冷暖房に頼る必要がなくなり、自然と消費エネルギーの削減にもつながるためです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.