くらし情報『香典返しではどんなものを贈ればいい?金額の目安やのしの書き方もご紹介!』

2017年3月8日 15:53

香典返しではどんなものを贈ればいい?金額の目安やのしの書き方もご紹介!

この場合の香典返しは、当日返しとして用意した品物の差額を考慮して選びます。10,000円をいただいた方であれば5,000円相当が香典返しの相場になりますが、当日返しで2,000円程度の品物を渡していれば香典返しは3,000円程度の品物を贈ることになります。少し複雑ですが、香典として5,000円いただいたのであれば香典返しはしなくていいことになりますので、葬儀後の手間を簡素化することにつながります。

■香典返しの具体例

たくさんの方に来ていただき、みなさんから香典をいただくのが葬儀です。会社の方であったり、病院にお見舞いに来てくださった方であったりと、さまざまな状況が考えられます。それぞれどのように対処したらいいのか、具体例を見てみましょう。
香典返しではどんなものを贈ればいい?金額の目安やのしの書き方もご紹介!


【生前にお見舞いをいただいているケース】この場合、お見舞いのお返しである「御見舞御礼」と香典返しを別々に渡す方法と、香典返しのグレードを上げる方法の2つがあります。どちらを選ぶかは、喪主やいただいた相手の状況などを考えましょう。「御見舞御礼」の相場としては、いただいた額の3分の1から半額程度とされています。【香典に加え生花をいただいたケース】この場合も、グレードの高い香典返しをするのが正解です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.