くらし情報『香典返しではどんなものを贈ればいい?金額の目安やのしの書き方もご紹介!』

2017年3月8日 15:53

香典返しではどんなものを贈ればいい?金額の目安やのしの書き方もご紹介!

香典返しではどんなものを贈ればいい?金額の目安やのしの書き方もご紹介!


【香典返しのマナー】香典返しは、忌が明けてから2週間以内には手元に届くようにしたいものです。品物の選定や挨拶状の準備、発送の手配といった手続きが必要となりますので、計画的に進める必要があります。香典の金額をもとに、誰に何を送るのかなどを記した一覧表を作っておくとよいでしょう。本来は一軒一軒伺って手渡すのがしきたりですが、最近ではそうした風習は薄れ、配送業者に配達してもらうのが一般的になりました。そのため必要となるのが挨拶状です。香典返しの品物を選ぶ際には挨拶状の手配もしておきましょう。もちろん、商品選びに時間がかかってしまったり、悲しみから抜けきれずに手配が送れてしまったりすることもあるはずです。この場合は、香典返しに添える挨拶状に、挨拶が遅れた旨のお詫びの文言をひと言付け加えるとよいでしょう。また、亡くなったことを後から知った方から香典をいただくこともあります。この場合は、忌明けが済んでいればすぐに香典返しの準備をします。挨拶状には「仏前に供えさせていただきました」などの文言があるとよいでしょう。

■香典返しに添える挨拶状はどう書く?マナーはあるの?

【体裁のマナー】香典返しにはのしを掛け、さらに挨拶状を添えるのが習わしです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.