くらし情報『学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント』

2017年4月3日 17:18

学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント

子どもに満足な環境を与えるには、学費や教育費などの費用がかかります。子どもの進路によっては多額の資金が必要になることもあるので、「どうやって資金をねん出しよう…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで活用したいのが「学資保険」と呼ばれるものです。今回はこの学資保険の概要に加えて、メリットやデメリットなどを詳しくご紹介していきましょう。

■学資保険ってどんな保険?

目次

・学資保険ってどんな保険?
・学資保険では保障内容もチェック
・学資保険の4つのメリットをチェック
・学資保険の3つのデメリットをチェック
・学資保険と積立定期預金はどちらがお得?
・将来的に必要な学費・教育費を把握しよう
・まとめ
学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント


学資保険は生命保険の一種であり、主に子どもの教育費を目的としてお金を積み立てられる保険です。学資保険に加入すると「満期」が設定されて、その満期を迎えるとまとまったお金を受け取ることができます。この際に受け取れるお金は、「給付金」や「成長祝金」などと呼ばれます。満期の時期は人によって異なりますが、例えば高校入学時の15歳や大学進学時など、初年度納入金が必要になる時期に満期を設定するケースが多く見られます。
学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント


この学資保険を利用する際には、特に「返戻率(へんれいりつ)」に注意しなければなりません。返戻率によって学資保険のお得度は大きく変わってくるので、以下では返戻率について詳しく解説していきましょう。
学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント


【返戻率とは?】学資保険では満期になると給付金を受け取れますが、支払った保険料に対する給付金の割合のことを返戻率と言います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.