くらし情報『「サステナブルランドリー」「洗う」を見直す、ラクになる、地球環境に貢献する5つのこと』

2021年6月27日 13:03

「サステナブルランドリー」「洗う」を見直す、ラクになる、地球環境に貢献する5つのこと

株式会社イーオクト(東京都渋谷区)は、ドイツのガーメントケアブランド「Dr.Beckmann」製品を使った新洗濯

“常識“「サステナブルランドリー」のコンセプトを発信します。

「サステナブルランドリー」「洗う」を見直す、ラクになる、地球環境に貢献する5つのこと


毎日の洗濯が、実は環境にダメージを与えていることをご存知ですか?大量の水を使うだけではなく、さまざまな環境問題を引き起こしているのです。

水と電気の大量消費、ケミカル洗剤の垂れ流し、染色色素の垂れ流し、近年では化学繊維が原因の海洋マイクロプラスチックも大きな問題になっています。

日本は、世界の国々と比べ洗濯回数が多いことはよく知られています。これを清潔好きと自慢している時代とサヨナラし、私たちイーオクトは「サステナブルランドリー」=「環境への負荷をできるだけ小さくする洗濯」を提唱します。1回「着たら洗う」から「汚れたら洗う」。色分け洗濯せずまとめ洗い。

「洗う」を見直すと家事がラクになる、地球環境にも貢献できる。

まずは、週1回、まとめ洗いからはじめませんか。洗濯回数を減らす、たったこれだけでも小さいけれど大きな一歩につながります。

サステナブルランドリー

洗濯回数を減らす方法と地球環境におこるいいこと5つ

1)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.