くらし情報『子育てに必要な費用を徹底解説!出産から大学卒業までの養育費と教育費』

2017年5月12日 10:35

子育てに必要な費用を徹底解説!出産から大学卒業までの養育費と教育費

子どもが生まれてから独り立ちするまで、子育てにかかる費用はいくらくらいなのでしょうか。貯金したり学資保険を利用したりして、計画的に資金をためておきたいですよね。今回はその目安として、子どもが生まれてから大学を卒業するまでに必要な養育費と教育費について詳しく解説していきましょう。

■子ども1人で教育費はいくらかかる?

目次

・子ども1人で教育費はいくらかかる?
・出産から幼稚園卒園までかかる費用の内訳
・小学校から大学卒業までかかる費用内訳
・要チェック!おもな子育て費用を補助する公的制度
・まとめ
子育てに必要な費用を徹底解説!出産から大学卒業までの養育費と教育費


子どもを出産してから、その子どもが大学を卒業するまで、費用は1人当たりいくらかかるのでしょうか。AIU保険会社『現代子育て経済考』2005年度版のデータを参考に見ていきましょう。【養育費】養育費とは、子どもが毎日生活するために必要な費用のことです。まず出産・育児に子ども1人当たり約910,000円かかります。食費は、大学を卒業するまでの22年間で子ども1人当たり約6,710,000円かかると試算されています。衣料費は22年間で約1,410,000円です。保健医療・理美容費は22年間で約1,930,000円かかります。お小遣い額は22年間で約4,510,000円という試算です。そして子どもの私的所有物代には約930,000円かかるとされています。以上を合計すると、子ども1人が生まれてから大学を卒業するまでに16,400,000円かかる計算です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.