くらし情報『弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介』

2017年5月12日 10:46

弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介

知人に不幸があったと訃報を受けたとき、式場が遠方であるなどの理由で、お通夜や告別式に参列できない場合があります。そんなときに死を悼み、悔やむ気持ちを電報で送ります。このようなお悔やみの気持ちを伝える電報のことを弔電と言います。近年では電子メールなどが普及しているため、電報を打つ機会も少なくなり、急な対応に困ることもあるかと思います。そこでここでは、急な訃報に困らないための弔電の送り方やマナー、文例などについてご紹介します。

■弔電を送る前に確認しておきたいことと弔電の送り方

目次

・弔電を送る前に確認しておきたいことと弔電の送り方
・弔電を送る際の台紙の種類と選び方
・弔電を送る際の基本的なマナーとは?
・弔電を送るときの文例を元に自分の言葉で気持ちを伝える
・まとめ
弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介


葬儀は結婚式などとは違い、訃報を受けてから、すぐに行われます。そのため弔電を送る際には、早めに手配をする必要があります。弔電を送る前に確認しておきたいことは以下の3点です。【確認しておきたいこと1】喪主を務める人の名前弔電は喪主務める方を宛先として送ることが一般的です。喪主が不明の場合には「〇〇様(故人の名前)ご遺族様宛」でも良いとされています。【確認しておきたいこと2】葬儀場の住所と電話番号弔電の送り先は葬儀が行われる会場です。ご遺体の安置やお通夜、告別式の間、ご遺族は葬儀会場にいることが多いため、ご自宅よりも葬儀会場に送ることが望ましいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.