くらし情報『弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介』

2017年5月12日 10:46

弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介

【確認しておきたいこと3】葬儀が行われる日時遅くても告別式が始まる前までには届くように弔電の手配をします。お通夜や告別式の開始時間の1時間前を目安に弔電を送るのが良いでしょう。【確認しておきたいこと4】宗教葬儀が仏式なのか、キリスト教式なのかなどによって、弔電で使って良い言葉と避けた方が良い言葉が変わってきます。特にキリスト教の場合には、一般的に葬儀で使う言葉も避けることが望ましいこともあるため、注意が必要です。電話で弔電を送る場合には、NTTの「115」にダイヤルをします。受付午前8時から午後10時までのため、注意しましょう。弔電を送る手順は、以下でご説明します。1.市外局番などはつけず、「115」に電話をします。2.オペレーターと繋がったら、自分の名前と電話番号、送り先の宛名と電話番号を伝えます。3.台紙を選び、弔電に記す文章を述べます。4.送り主の名前を言います。故人との間柄も入れておくと弔電を受け取るご遺族もわかりやすいです。5.オペレーターが復唱する弔電の内容を確認し、文字数と料金の案内を受けて終了です。また弔電は、NTTを利用する方法だけではなく、様々な申し込み方があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.