くらし情報『弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介』

2017年5月12日 10:46

弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介

一般的に電話で送る弔電は台紙の代金に文字数に応じた金額が加算されるという料金体系ですが、送り方によっては決められた文字数内であれば、台紙の代金のみで送れるものもあります。予算や使い勝手の良さなどから、弔電の送り方を選んでみてはいかがでしょうか。
弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介


■弔電を送る際の台紙の種類と選び方

弔電の送り方と基本的なマナーとは?故人との関係性に応じた文例をご紹介


弔電を送る際には台紙を選ぶ必要がありますが、種類によって料金が様々です。台紙にはどのような種類があるのでしょうか。故人との関係性によって、どのようなものを選ぶことが適しているかも含めてご紹介します。【ペーパー台紙】どのような関係性でも送りやすいベーシックな弔電の台紙です。最もお手頃な値段で送ることができます。台紙には、一般的に葬儀で使われることの多い、菊や蓮の花の絵が描かれています。故人が3親等以外の親戚の場合や会社の取引先の方の場合には、ペーパー台紙を選ぶのが良いでしょう。【刺繍・押し花台紙】刺繍や押し花などの加工がされた台紙は通常の台紙に比べ、品のある印象になります。弔電には華やか過ぎるものは避けることが望ましいため、菊や百合の花などが刺繍加工された台紙がオススメです。ペーパー台紙よりも少し金額は高くなりますが、友人や同僚の親族の場合は、少し高級感のある加工がされた台紙を選ぶと良いでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.