くらし情報『違法残業事件に「略式起訴不相当」で正式裁判へ…一体どういうこと?』

2017年8月2日 06:30

違法残業事件に「略式起訴不相当」で正式裁判へ…一体どういうこと?

裁判は事実関係の調査自体が目的ではなく、事実の解明は、あくまで付随的なものでしかありません。

*著者:弁護士 星野宏明(星野法律事務所。不貞による慰謝料請求、外国人の離婚事件、国際案件、中国法務、中小企業の法律相談、ペット訴訟等が専門。)

【画像】イメージです

*JanPietruszka / PIXTA(ピクスタ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.