くらし情報『20分でごはん!毎日のタイムチャレンジで、料理の勘と速さがUP!』

2018年9月17日 18:00

20分でごはん!毎日のタイムチャレンジで、料理の勘と速さがUP!

目次

・メディアの世界で「20分でごはん」は、もはや定番!?
・始めるなら、「レシピいらずの、一汁一菜」がオススメ!
・調理時間を決めるだけで、気づかなかったムダが見える?
Fotolia_119101830_Subscription_Monthly_M.jpg


家族の健康を守ったり貯金をしたりするためにも、自炊は欠かせません。でも、1日3食×365日も頑張るのはしんどいですよね。育児や仕事に、日々奮闘するママにとって1日1分さえとても貴重な時間です。できるだけ効率よく、調理時間を短くするにはどうすれば良いのでしょうか。そんなお悩みにオススメしたいのが、「20分でごはん」を作るタイムチャレンジです。

メディアの世界で「20分でごはん」は、もはや定番!?

早々と「20分でごはんなんて、ムリ!」と思わないでください。料理本の世界では、定番のタイトルですし、「20分で3品」「20分で4品」というメニューも豊富にあります。この20分という数字は、有名なレシピサイトの調理の目安でも定番です。NHKの料理番組では、「20分で晩ごはん」という人気コーナーがあります。とはいえ、「これまで時間なんて意識したことがない!」というママには、苦手意識を感じますよね。

始めるなら、「レシピいらずの、一汁一菜」がオススメ!

苦手意識を感じるママには、人気書籍をマネるのが簡単! カリスマ料理家の『レシピを見ないで作れるようになりましょう(著:有元葉子)』と、『一汁一菜でよいという提案(著:土井善晴

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.