くらし情報『保険屋さんの営業トークに騙されないで!終身保険を活用して貯蓄する誤った考え方を徹底的に切り捨てます』

2018年12月14日 20:00

保険屋さんの営業トークに騙されないで!終身保険を活用して貯蓄する誤った考え方を徹底的に切り捨てます

目次

・貯蓄性保険について知ろう
・終身保険や貯蓄性保険で貯蓄することが誤った考え方の理由
・保険屋さんが推す外貨建て終身保険も要注意
・まとめ
保険屋さんの営業トークに騙されないで!終身保険を活用して貯蓄する誤った考え方を徹底的に切り捨てます


終身保険は、貯蓄性がある生命保険と言われることがありますが、現状では、生命保険を活用した資産運用や将来の貯蓄のためにわざわざ加入することは残念ながら得策とは言えません。

なぜならば、日本銀行が施行したゼロ金利政策やマイナス金利政策が大きく関係しており、結果として、保険契約者である私たちが十分な恩恵を受けられないからです。

本記事は、日本銀行の金利政策について詳しく解説することはありませんが、なぜ、終身保険を活用して貯蓄することが誤った考え方なのか、貯蓄性保険と合わせてわかりやすく解説を進めていきます。

貯蓄性保険について知ろう

終身保険を活用して貯蓄することが誤った考え方であることをお伝えする前に、そもそも、貯蓄性保険とは何なのか説明します。

貯蓄性保険とは、ざっくり言ってしまえば、学資保険や個人年金保険などがあてはまり、終身保険も貯蓄性の保険と言われることがあります。

これら3つの生命保険に共通していることは、満期まで保険料の払い込みをすることで、満期返戻金や解約返戻金が、既払保険料を超えて差益が出るといった仕組みです。

そのため、この差益分が、いわゆる預金で言うところの利息の代わりとなり、預金を活用するよりも多く貯蓄ができましたといったイメージとなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.