くらし情報『がん保険掛け捨てタイプの特徴(メリット・デメリット)や商品を分かりやすくご紹介』

2018年12月29日 20:00

がん保険掛け捨てタイプの特徴(メリット・デメリット)や商品を分かりやすくご紹介

目次

・そもそも保険商品での「掛け捨て」とはどういう意味?
・がん保険掛け捨てタイプの特徴
・実際にある「がん保険掛け捨てタイプ」商品の金額や保証内容を確認
・逆に「掛け捨てではない」がん保険の金額や保証内容を確認
・まとめ
がん保険掛け捨てタイプの特徴(メリット・デメリット)や商品を分かりやすくご紹介


現在のがん保険は「掛け捨て」タイプの商品が多いと言われています。「掛け捨て」と聞くとなんだか損をするようなイメージをお持ちの方も多いでしょう。逆に「掛け捨て」ではないタイプの商品はあるのでしょうか?

今回はがん保険の「掛け捨て」について分かりやすく説明していきたいと思います。

そもそも保険商品での「掛け捨て」とはどういう意味?

生命保険や生命保険の商品についてネットで調べていると、「掛け捨て」という言葉に出会うことが多いと思います。

がん保険も含まれる生命保険でいうところの「掛け捨て」とはどういうことを意味しているのでしょうか?

「掛け捨て」とは、保険の終わる時(満了する時)に、「掛け」たお金が戻ってこない、すなわち掛け金とも言われる保険料が、満期金となって戻ってこない、ということです。言い換えれば、貯蓄ではない、ということになります。

また「掛け捨て」には、保険の終わる時ではなく、途中で保険をやめる時にも、返戻金が無い、という意味でも使われることがあります。

まとめると、「掛け捨て」とは、自分が支払った保険料が、保険の終わる時や保険を途中でやめる時に、満期金や返戻金という形でお金が戻ってこないことであり、貯蓄性がない、ということになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.