くらし情報『学資保険をどうしても解約しなければならない際に重要な「元本割れ回避」の注意点と利率との関係性とは?』

2018年12月31日 14:00

学資保険をどうしても解約しなければならない際に重要な「元本割れ回避」の注意点と利率との関係性とは?

元本割れ以外に解約の注意点があるのでしょうか。

学資保険を解約したけれど、もう一度学資保険に加入したい!
「家計が持ち直してきたので、毎月の積み立てが再開できそう!」という場合は、再度学資保険の契約を考えるかもしれません。

その際注意する点は、お子さん・契約する保護者の方の年齢です。お子さんが7~8歳だと、一部の保険会社の学資保険に加入することが難しくなります。また、契約者である保護者にも年齢制限があり、65歳位を上限としているところもあります。

また、学資保険は保険契約のため、契約者の年齢が上がれば、それに連れて保険料も高くなってしまいます。この点にも注意が必要です。

まとめ

学資保険の保険料の支払いが苦しくなった際は、様々な方法で解約を回避することができることがわかりました。

また、超低金利の影響で、学資保険の運用利率が下がり、多くの学資保険が解約すると、支払った保険料より払い戻し金が少なくなってしまう「元本割れ」の可能性があります。

解約以外の支払う保険料を減らす4つの方法がありましたね。言うまでもないことかもしれませんが、学資保険はなるべく解約せずにやりくりしたいものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.