くらし情報『生命保険で受け取る死亡保険金に税金がかかる場合がある?死亡保険金と税金の話をご紹介』

2019年1月8日 14:37

生命保険で受け取る死亡保険金に税金がかかる場合がある?死亡保険金と税金の話をご紹介

目次

・まずは、生命保険で受け取る保険金と税金の対象を確認しよう!
・契約者、被保険者、受取人によって変わる税金
・まとめ
生命保険で受け取る死亡保険金に税金がかかる場合がある?死亡保険金と税金の話をご紹介


生命保険で受け取る保険金にも税金がかかる場合があることをご存じですか?

生命保険の保険金にかかる税金は、誰が契約をして誰が受け取るのかでその種類が変わってきます。残された家族に税金の心配をさせないためにも、契約時にしっかり準備しておく必要がありますね。

さっそく、生命保険と税金の話をみていきましょう。

まずは、生命保険で受け取る保険金と税金の対象を確認しよう!

生命保険に加入していると病気やケガや死亡の際に保険金が支払われ、ご自身と家族の生活を守ってくれます。万一の時に安心できますが、保険金を受け取る際には税金がかかる場合があります。

これから生命保険で受け取る保険金と税金の対象となる保険金をご紹介します。

生命保険で保険金を受け取るパターンは5つ
生命保険で保険金を受け取る場合は大きく分けて5パターンあります。

  • 病気やケガで治療した
  • 死亡した
  • 余命6ヵ月と診断された
  • 満期保険金のを受け取った
  • 個人年金保険の年金を受け取った
  • 1. 病気やケガで治療した
    病気やケガで治療した時に受け取る保険金には、入院/手術/通院給付金、身体障害/介護状態になった時の給付金、特定損傷/特定疾病、先進医療給付金などがあります。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.